Physio Lab.(フィジオラボ)の技術は他の整体院、接骨・整骨院、病院のリハビリ、マッサージと何が違うのか?

通常の病院のリハビリや整体院、接骨・整骨院では痛みの箇所のみに施術します。
腰痛では牽引やシップ、肩こりに対してマッサージなどその場しのぎの施術となっています。

 

しかし、そのようなその場限りでの治療では根本改善はできません。

違い其のⅠ:“あなた”が抱えている痛みに対しての原因を検査し、根本的な改善を図ることができる。

当ラボが国内においてもほとんどの治療家ができていない原因に対しての施術だからです。
今まであなたが訪れた病院や整骨院、整体院では症状が起こっていることに真剣に話を聞き、検査してくれましたか?
とりあえずレントゲンを撮られたり、とりあえずマッサージされたり・・・。
「骨には異状ないですので、お薬と湿布で様子を診ましょう」なんて言われませんでしたか。
骨に異常がなければ痛みが出てても原因を究明できないのが一般的です。
当ラボではその原因に対して検査し、施術していくことが出来ます。

違い其のⅡ:医療系国家資格保有者で多くの医療機関で積み重ねた臨床経験からの独自のアプローチ

私は都市の大病院から地域の中核病院、介護老人保健施設など多岐にわたる臨床現場で12年間従事してきました。
延べ50000人以上の患者さんを診てわかったことがあります。
多くの患者さんは痛みに場所に原因が無いということです。その経験から多くの研修会に参加し、技術を磨いてきました。
その経験から当ラボ独自の技術を開発しました。
今まで効果を感じられなかった方には是非体感してください。

違い其のⅢ:多くのクライアント様からの喜びの声を頂いております。

今までどこに行っても改善が出来なかった方々から、多くの声を頂いております。

違い其のⅣ:多くの理学療法士・作業療法士に技術・知識の指導を行っております。

10年以上前に立ち上げたPT3研究会で多くの臨床家、後進の育成を行ってきました。
その技術を習うために多くの臨床で働く治療家が研修会に訪れます。
他では習得できない技術であるからです。
その技術が必ず、あなた様のお悩みを解決してくれます。

 

Physio Lab.所長 増田 拓也(理学療法士:国家資格)
多くの医療機関で臨床経験を積み、延べ50000人を超える治療実績を誇る。
独自の治療技術を展開し、有痛性疾患に絶大な効果を発揮する。