肩関節の拘縮について

いつもご覧頂きありがとうございます。
東大阪唯一の【腰痛】【肩痛】【膝痛】痛みの根本改善施設 Physio Lab.所長の増田です。

本日の投稿は

肩関節の拘縮について

です。

最近、肩を患っておられる患者さんがよく来所されます。

中には、よく記事を読んで頂いている方もおられ、肩に関する要望がありましたので書いてみます。

 

そもそも拘縮とは「軟部組織の伸展性が低下した状態」を指します。

痛みの伴っている拘縮はありません。動かして痛みが出ている間は筋性防御です。

理学療法士の皆さんは経験したことはないでしょうか?

肩に痛みのある患者さんに無理でも可動域を挙げるように頑張れば頑張るほど、日に日に可動域が減少することを!

拘縮は生体の防御反応であると考えられます。

 

肩に痛みのある患者さんはよく、整形外科で麻酔をし、強制的に動かしたりすることをします。

肩の権威である信原克哉先生によると麻酔下での強引に拘縮を取り除く方法は、関節造影を併施すると関節包断裂による造影剤の流出がみられ、術後の反射性疼痛も強く、予後不良になりかねない。と述べています。

私たち治療者はその痛みの【原因部位】を治さなければ、結果として最悪な状態を招きます。

 

痛みをずっと我慢している方へ…改善策があります。
大阪で唯一の腰痛根本改善、小顔調整専門施設 Physio Lab.までご連絡ください。
あなたのお悩みの解決のお手伝いをさせて頂きます。

072-989-1651

施術中は電話に出れないことがあります。折り返し電話しますので、必ずメッセージをお願いします。

メールでのお問合せ(24時間対応)

physiolab2018@gmail.com

Follow me!