運動器って?

from:増田拓也

@Physio Lab.

 

最近、邦訳編集のせいか、また言葉の意味にうるさくなってしまいました

増田です。

 

言葉って大切ですよって話は、以前しました。

言葉がむちゃくちゃだと、正確に理解している人には

全く話が通じません。

というより、笑われますよ( ;∀;)

 

今も世界中で流行りの、、、

 

Bone & Joint Decade

直訳すると、「骨と関節の10年」

となります。

 

しかし、何故か日本語になると、、、

「運動器の10年」と訳されています。

これ、誤訳ですよね。

 

運動器って何なのか、ご存知ですか?

知らない方はこちら

↓↓↓↓↓

 

運動器は単に骨と関節を指しません。

何故か日本では運動器の10年と訳され、

腰痛や膝痛の痛みに対する手術、薬剤を積極的に開発。

いやいや、「痛みの10年」は前に終わりましたやん!

 

そもそも、腰痛や膝痛で整形外科へ行く人多いと思いますが、

これ間違いですよ!

 

整形外科、、、字をよく見て下さい。

形を整える外科です。

何も先生も痛みを取り扱っている訳ではないのです。

膝の軟骨が擦り減って痛い、変形しているから痛い。

としか言いようがないのでしょう。

 

事実、構造が破綻して痛みが出現することはありますが、

破綻していなくても痛みが出るほうが圧倒的に多いのです。

だから「手術したのに痛み変わらない」といったことをよく聞くわけです。

 

なので、整形外科のお医者さんも大変ですよね。

専門は痛みではないのですから。

 

原因の無い痛みはないといわれます。

病院ではレントゲンの異常がないからスルーされる人が多々います。

その痛みの原因を見つけれるのは、

理学療法士・作業療法士のあなたしかいません。

 

機能の学問を理解しているのはこの職種だけです。

その痛みを早く見つけ、治してあげてください。

 

PS Physio Lab.のPT/OT向けLINEができました。

理学療法士・作業療法士のあなたに向けた臨床でのコアな内容をお届けします。

是非登録してください。

↓↓↓↓↓

 

―増田 拓也

Follow me!