この話、信じられますか?

from:増田拓也

@Physio Lab.

 

先日聴いた、とんでもない出生秘話。

ウソか真か、あなたは信じられますか?

 

今週月曜日にPhysio Lab.主催のAdvanceコースが修了し、ラボで軽い打ち上げをしていました。

その時の何気ない会話で、、、。

 

兵庫からいつも来てくれている、H野君の生まれた話を聞いたのですが。

とても信じられない内容です。

 

ホンマ聞いた内容は今年一番の衝撃です。

 

H野君☞宝野君はの簡単な自己紹介をします。彼は35歳の6年目の理学療法士。

毎週2回程度はラボの勉強会に参加し、日々努力しています。

最近では、めちゃくちゃ綺麗な彼女が出来、調子にのっています。

 

そんな彼の出生秘話ですが、彼はなんと7人兄弟の末っ子で(それでもすごいんですが、、、)

一番上とは20歳空いているそうです。

 

すごいのが、彼の生まれるまでの早さです。

 

陣痛が起こったときに、宝野君のお母さんは自宅にいたそうです。

そこから原チャで10分のかかりつけの産科行ったそうです。

そして到着し、10分で出産。

自宅には6人の子供とお父さんがいますので、即座に10分かけて原チャで帰宅したそうです。

 

まさに生み落とし!(笑)

 

こんなに出産してると痛みってほとんどないんですかね?男には分かりかねます。

 

妊娠時には骨盤にある仙腸関節という関節が開き、周辺の靭帯組織が引き延ばされ、痛みを生じます。

また、産後も腰痛が続くのは仙腸関節の問題であると言われることもあります。

 

宝野君のお母さんにはもはやそんなレベルの問題ではないのでしょうか?

 

戦争にいっている兵士に腰痛はないと言われます。

 

生命のギリギリで戦っている人には痛みどころではないという事でしょうか?

グレートマザーです。

 

ほんまに女の人はすごいなと、こんな話を聞くとつくづく思います。

 

PS 病院勤務時代に出産好きな患者さんがおられました。出産時のお腹にあるものが一気になくなる感覚が快感だとか、、、

人は様々なものに快楽を覚えるのですね(笑)

 

 

―増田 拓也

Follow me!